JONGHA meets 台湾 二日目2012/03/01

Liberated Rhythms
深夜まで飲んでいたにもかかわらず、日頃の早起きの習慣のせいで早めに目が覚めました。ゆっくり身支度をしてコーヒーを飲んで、それでも時間が余ったのでホテルの近所を散歩してました。公園でのんびりしている人の近くを通過して、ブランドのお店が並ぶ縁の無さそうな通りを抜け、台湾の人たちで賑わう食堂の前を通り、崩れたモルタルから覗くレンガの壁を眺め、ゆっくりゆっくり散歩しました。

それでも時間が余ったので、近所のマッサージ屋に行きました。それはもう素晴らしいマッサージでしたが、足ツボマッサージの指圧の強さが強すぎて「痛いです。」と言ったところ「ここはこめかみです。寝不足ですね?」と自信満々の笑顔で説明されて、そのままの強さで最後まで揉まれました。

マッサージの後2人と合流して、残る2人のメンバーと公園で待ち合わせしました。しかし、遠目に見たVo.のK氏はサングラスをかけて普段とは違ったオーラが出ています。さらにG.のT氏はどこで買ったのかサンダル履きでパンツの裾をロールアップし、リュックサックを背負っています。「これは仲間と思われたくないぞ」と思い黙って近づいて行ったのですが、大きな通りを挟んでK氏が「おぉ~い!」と叫び始めたので至近距離まで他人の振りをしました。

とりあえず全員が揃ったので、今回の台湾でお世話になったP氏が経営するパンクショップLiberated Rhythms へ向かいました。マンションの窓に付けられたアールデコ調の古びた鉄柵や、通り抜けたくなる雑多なアーケードや、庶民的な食堂など魅力的な街を眺めながら歩くとあっという間に到着しました。

P氏のお店では色々勉強になる事があって、これからのお店作りの参考にしたい要素が沢山ありました。メンバーそれぞれが買い物をして、その後P氏が近所を案内してくれるというので散歩していたのですが、近くにIKEAがあるという事でIKEAに向かい、そこでVo.のK氏とはぐれる事になりました。

ところで、台湾で出会った人達は英語が達者で思った以上に日本のマニアックなバンドや漫画を知っていたりで驚きましたが、学校で勉強している事を聞いても非常にしっかりして大人っぽく思えました。そして台湾の伝統的な文化を残す為の動きがあるという事等を聞いて、多かれ少なかれ世界中で回帰の動きがあるのかも知れないなと思いました。

さて、迷子で時間のロスはありましたが、その後は翌日練習で使うスタジオまで案内してもらい、そこでタトゥーアーティストのPeter氏と合流しました。タトゥースタジオへ向かう途中に大量のビールを買って頂き、談笑しながらそれを飲み干して、再び夜の街へ出ました。連れて行ってもらった食堂は地元の人達が列を作るほどの人気店。出てくる料理が全て美味いという素晴らしいお店でした。ここでまた翌日競演する事になっているLiberated Rhythms のP氏のバンドとも合流。どんどんビールが出てきます。

食事が終わり解散した後、メンバーの宿泊先に集合しました。すっかり酔っているはずですが、ベースのK氏は久しぶりのベースの感触を確かめるようにベースを弾いていました。他のメンバーも翌日のスタジオとライブの実感が沸いてきたのか、少し真面目な話にもなりました。


この時まだ近所に滅茶苦茶餃子の美味い店がある事は知りませんでした。

JONGHA meets 台湾 三日目2012/03/02

ライブ前のマルクっつあんの後姿は最高にかっこ良かったよ。
ライブの当日も、案の定いい加減な待ち合わせからスタート。二手に分かれてタクシーで西門駅付近のスタジオへ。このスタジオは面白い作りで、小さなスタジオが並んだ先に大きなスタジオ、パソコンのあるスタジオ等多目的な要望に応えてくれそうなスタジオでした。練習に使ったスタジオの器材はギターアンプとベースのキャビがMESAでMESAが人気なのかな?と思いました。ベースのヘッドはアンペグ、ギターアンプはマーシャルもありました。ドラムはタムタムが不安定でセッティングがしにくかったですが、ヨーロッパやアメリカで使った平均的なドラムよりは随分コンディションが良かったです。

久しぶりにメンバーで音を合わせる不安と、いつものスタジオの音との違いに戸惑いましたが、「大丈夫だろう」と言ったボーカルK氏の表情にいつもは感じない気合みたいなものを感じました。

その後は楽器屋へ行き、一旦解散して休憩する者は休憩をして、散策する者(店主等)は街を散策しました。

ライブ会場の地下社會に着いて暫く経ってからリハーサルをしたのですが、たまに県外でライブをしていた時の様な気分で、特別ではあるが緊張する感じでもなかったです。リハーサルはPAさんがしっかりやってくれて、器材を見て予想していた以上に音が良かったです。フロントの3人のメンバーも演奏しやすいらしく、音は器材の見た目じゃないなと改めて思いました。

対バン、というかお世話になった共演者の方のリハーサルを観てまたビックリ。クオリティが高く、センスも良いなという予想以上のサウンド。リハなのに聴いていて非常に気持ちが良く、素晴らしい音楽にある各パートの絡み合いを聴いていると優秀な案内人がどこかに導いてくれるような気持ち良さ。「あ~シンセがそんな風に入るのか・・・」「と思ったら、来ましたねギター・・・」みたいな事を考えながらリハの最後まで聴いてしまいました。そしてJONGHAでもこういう緻密な絡み合いを意識したいなと改めて思いました。

開場時間を過ぎると、「結構来ますね」なんて楽観視していた店主も「これは!」と思わざるをえない大入りの様子。現地の方以外にも台湾在住の日本人や白人のお客さんまで来てくれて会場は熱気ムンムン・・・というか、久しぶりに多過ぎる人で空気が湿ったライブハウスやクラブのあの感じを体感しました。何人入ったのか、正確な人数は判りませんが、キャパ越えとも聞きました。

こうなってくると気負いすぎてヘマをやらかす可能性が高まるので、あえて手抜きくらいの気持ちで1曲目を叩こうと思いながらセッティング。スポットライトで遠くは見えませんが、気配で人が相当多い事を確信しつつ、各メンバーの表情や後姿を見ると妙に頼もしく見えました。ライブが始まっても朝練のおかげか体力は充分。細かいミスはあったと思いますが、場の雰囲気とメンバーの気分がエフェクターになって、只々楽しい。アンコールのニート!ニート!ニート!まであっという間でした。

持って行ったCDも完売、気持ちの良い疲労感とマメが潰れていない指先を見て力みの無いライブだった事を確認しました。CDにサインをするのもヨーロッパ以来?の出来事で、不慣れな行為に焦るやら戸惑うやら。

打ち上げは台湾滞在の間お世話になった皆さんと円卓を囲む贅沢なものでした。夜は更けて酔いは深まる一方でしたが酒の味はいつまでも美味くて美味くて仕方が無かったです。

DR DENIM 「WILEY」2012/03/04

長めの袖リブもドイツ軍のカットソーっぽくて個人的には好み。
ヘンリーネックカットソーですが、背面下部が長めに作られております。当店で人気のジョッパーチノ「JOEL」と相性が良さそうです。価格は¥5775です。

anapau ネイティブ柄カットソー2012/03/04

こういうのを自分のスタイルに落とし込むと素敵。
ポリエステルとレーヨンの混紡素材が柔らかく気持ち良いカットソーです。ジップアップパーカーのインナー等に良さそうです。もう少し暖かくなればベストに合わせても良さそうです。価格は¥5145です。

DR DENIM「WALLY」2012/03/04

ミリタリーはハードに着ると一昔前を思い出してしまって・・・。
肩と肘部の当て布がコマンドセーターっぽいカーディガンです。オフホワイトのカットソー等に合わせてあまりハードにならないように着こなした方が良いような気がします。価格は¥12600です。