Velvet Underground のTシャツ2015/03/07

手配の難しかった店主好みのバンドTシャツ入荷しました。
とりあえずvelvet underground,new order,joy divisionの入荷。
他にもUSインディーに強いメーカーとも取引契約はしたのですが
なんせデザインとバンドの音楽等を吟味して選ぶので注文が決まらない!
海外から直接マニアックな物を仕入れていこうかとも思っていますが
円安が完全に逆風になってるので苦しい状況です。
それでもなんとか嘘のないチョイスを続けていきたいと思います。

それはさて置き、先日お客様と店内BGMをきっかけに、とあるバンドの話をしました。
帰省されての御来店で、いつもは離れた所で生活されている訳で
当然店主とは全てにおいて境遇が違うお客様。
しかしその音楽の話をした瞬間になんだかいつも身近にいるような
離れていても同じ物を見たり感じたりしているような気分になりました。

いろんな所に友人が居るのですが
自分らしく、鈍感にならず、手抜きせず、正直に生きていると
離れた所にいる友人とも一緒に年をとっていけるのかな?と思いました。

そしてお客様と店主も一緒に年をとっていくのかもしれないなと。

そして一緒に年をとっていくにあたって
やっぱり音楽や本など身近にある当たり前の文化的なモノは良い共通項になると思います。
下世話な時事ネタやうわさ話なんかをしているよりも
やっぱり感性に訴えかけてくる素敵なモノの話だけしていたい。
大切にしたい人となら尚更気持ちの良い話だけしていたい。

春のせいかなんなのか
また開拓期がやってきました。
本当はヒントを探しにヨーロッパにでも行きたいです。
遊びで行くなら昼はビーチでビールを飲んで
夜はバーかクラブでやっぱりビールを飲みたいです。

RES Denim RAIL 入荷2015/03/18

新規取り扱いブランドRES Denimのご紹介です。
RESデニムはオーストラリア最古のデニムメーカーが配信するブランドです。

オーストラリア・・・。
正直あまり音楽やファッションのイメージが無いです。
デニムならKSUBI、ムートンブーツのEMUやUGG。
音楽なら70年代パンクのSaints、カイリー・ミノーグ、AC/DC、
きっと他にも良いミュージシャンが居るんだろうけど、耳にしないですね。

個人的にそんな印象のオーストラリアですから
偏見を持たずに品定めする事にしましょう。

まず素材。今当店で主力になっているDr DENIMに比べて生地が厚手です。
ストレッチは十分利いているので履き心地は良いです。
ハリ感があるので、特にブラックやリジッド(無加工)の色のパンツの素材感が良いですね。
縫製もしっかりしていて良い感じです。
ポケットの形は若干縦長でヨーロッパのデニムっぽい感じ。

最近個人的に物を買う時に重視しているポイントがあって
その物が出来た時の時代背景を意識するようにしています。
流行、市場(いちばじゃないよ)の勢い、職人やデザイナーの数、
作られた国の景気、資源の量と質等・・・。

景気が良くて良い職人がいて良い材料があって
さらにそれを求める人のお財布事情と求める品質の高さ。
それらのバランスがあっての良い物かな?と思うのです。
東西問わず骨董やアンティークにもそういう面があるのではないか?と。

話が長くなりましたが、つまり今のオーストラリアはどうなのか?と。
これが消費も活発で日本より景気が良さそうです(笑)
だとすれば、そんな国の最古のデニムメーカーの物は良くて当然ではないでしょうか。

でも1番大切なのは目利きです。

革ジャンキタイキタイ病2015/03/20

春っぽい天気の日も増えて
インナーを薄着にしても平気になってきましたから
革ジャンスタイルにはもってこいの今日この頃。
服屋としてあるまじき行為ですが
しばらくは革ジャンしか着たくない!
インナーとパンツに下着は着替えてますから
どうか多めに見てやってください。

最近好んで着ているのはアメリカのショット社の王道613モデル。
ラモーンズが着ていたモデルなのでコスプレ用に手に入れたのですが
どうやら匂いやギシギシ鳴る音も含めて中毒性があるらしく
最近は朝起きるともう早く革ジャンが着たくて仕方がないです。

さすがに普段にラモーンズスタイルってのもアレなので
海外のファッションスナップで見かけるモノトーンスタイルにしていますが
VANSから買いなおしたKedsのスニーカーも好きすぎて仕方がないです。

もうカッコイイかどうかなんてどうでも良くて
このスタイルになった時の「よっしゃ~!」感がたまりません。

最近のスマートな別注の物も良いのですが
やっぱり昔のスタンダードなモデルが今の気分です。
ちょっと古い物だからか、似たような時代の618モデルより
アームホールも小さめで袖が少し細い気がします。

でもギターウルフモデルも欲しいなぁ・・・。
そしてやっぱり70年代のも欲しいし・・・。

そして革ジャンスタイルで、
気が付いたら70年代UKパンクのオリジナルLP盤を手にしていました。
コレクション癖は治ったと思ったんですが
やっぱりやめられない物もあるみたいです。

DR.DENIM BRIAN デニムジャケット2015/03/26

DR.DENIMからデニムジャケットが届きました。
今期注目のアイテムがデニムジャケット。
デニム同士の組み合わせやパーカーとの組み合わせ
ブラックスキニーに合わせてもOKで着まわしは抜群です。
袖が結構細いですがストレッチが少し利いているので窮屈ではないです。
袖が太いデニムジャケットは野暮ったくなりがちなので
やっぱりストレッチが利いた細身の物がオススメです。
価格は¥12960です。