バイクに乗ってる友達2018/06/14

先日、本屋で何気なく手に取ったバイク雑誌に友人が写ってました。

県外在住にもかかわらず、何度かお店にも来てくれている友人。
店主のよりもっともっと古い彼の愛車のハーレーと一緒に。

また改めて詳細を聞いてみたいなと思いますが
一緒にバイクに乗っていた頃とは服装も変わっていて
ちゃんと年を追うごとにアップロードされてるなと思いました。

頻繁に会えなくても、いつでも刺激をもらえる友人。
珍しく電話がかかってきたと思えば
バイクが壊れたとか買い直すとかの相談(笑)

他にも何人か
黙ってちゃんとやってる
かっこいい友人が居るんだけれども。

久しぶりに会った時に興味を持てる
そういう友人はありがたいし
自分も友人にとってそうだったらいいなと思います。

同じことの繰り返しに思えたり
全く昔と変わっていないように思えても
実はそこにいろんな変化が詰まっているもんです。

経年劣化に逆らえばメンテナンスや改修は必要だし
今日やった事を明日もやるのは全く同じではないもんね。

そういう意味のある変化は凄く好きですし
意味のある繰り返しも凄く好きです。
※紫電が紫電改になったの、なんでや!?とかね(笑)

音楽を聴いていても
ちゃんと繰り返しや展開に意味がある
そういう音楽が今も昔も好きですね。

ゆらゆら帝国の歌詞に
「意味を求めて無意味なものがない」
ってのがありますが、ほんとにそうですね。

コメント

トラックバック