久々のJONGHA2018/06/29

昨日は数カ月ぶりにJONGHAの練習でした。
新曲を作りかけてはお蔵入りを繰り返している状況ですが
昨日も懲りずにセッションから曲のネタを抽出していました。
そのうちコツが掴めて今の自分達の音ができると思いますが
今はまだ試行錯誤の繰り返しの時期のようです。

それでも今の編成は以前とは違うアプローチができて楽しいです。

スタジオの最中に
聴いている音楽の話というか
参考になりそうな音楽の話をしました。

若い頃に聴いていたWarren Gもメンバーに聴いてもらいましたが
最近聴いているThe Internetの方がメンバーウケは良かったです。

どっちもヒップホップというのが狙っているわけではなく
最近JONGHAでセッションするとブラックミュージックぽくなるからです。
あとは新譜に関していえばブラックミュージックを買う事が多いので。

最近の新譜の情報は欧米のポップスやヒップホップばかり調べていて
The internetの雰囲気は若い頃に聴いていたヒップホップみたいだし
ポルトガルのDJのBrankoがアフリカンのボーカルと作っている曲は
シンプルでクールな雰囲気とアフリカンの声の組み合わせが絶妙。
他にもアメリカ在住のラテン系の人が歌うポップス辺りが良いですね。

楽器をやっていると自分のパートに耳が行きがちですが
幸いドラマーな上に打ち込みの音楽が好きなので
全体を聴ける良いリスナーになれたかな?と自負しています(笑)

しかしやっぱりポップスというか、ポップな音楽は良いですね。
RAMONESのポップな要素はどう考えてもJoeyのボーカルありきだし
最近聴いているブラックミュージックも歌が本当にポップ。
でも後ろで鳴っている音は低音もグルーブ感も強烈という(笑)

今年の夏はブラックミュージックを聴くことが多くなりそうです。
まだ発売前のアルバムだけで3枚届く予定ですから。
The Internetに関しては、絶賛された前作より今作の方が良いのでは?と思っています。

コメント

トラックバック