URAMONESのレコーディング2018/12/09

5年ほど活動してきたRAMONJU→URAMONESですが
自分達の勉強の為レコーディングをすることにしました。

おそらく初レコーディングのメンバーもいるだろうと思いますし
バンドに興味の無い方には縁の無いレコーディングという作業。
やった事のある人にしか解らない、この地味で結構ストレスな作業は
自分の演奏が丸裸になったかのように思えて客観的に分析するには最適。

プロとかもっとレベルの高い人にはそうでもないかもしれませんが
今まで何バンドかで経験したレコーディングは自分にとってそうでした。

レコーディングスタジオでエンジニアに録ってもらう時には必要のない
マイキングというマイクを立てる作業も一人でやらなければならず
プロに頼んでもドラムのマイキングに1時間程かけたこともあるので
一人でベストな位置と角度を探してマイクを動かしては録音を繰り返し
手元の機材ではこれがベストかな?と思える状態になった時には
スタジオに入ってから1時間ちょっとが経っていました。

とはいえレコーディングスタジオに比べればマイクも少なく
20年程前に貸しスタジオでセルフ録音した時より簡単でした。

ちなみにネットの情報を参考に色々試してみましたが
当スタジオではアメリカのエンジニアのやり方を参考にした
今までやってきたやり方が一番良い音で録れるようでした。

課題曲は2分前後のRAMONESの曲を2曲だけ。
それでも微調整をしながらの一人作業では更に1時間かかりました。
まぁ、セッティングが終わればあとは録音するだけなので
曲数が増えても等倍で作業時間が伸びる訳ではないのですが・・・。

録り終えた後は軽く音質の調整をしてみましたが
ちょっといじるだけで結構良い音になったので良かったです。

しかしながら、音の不安定さや多少のリズムの揺れが気になって
やっぱり筋力と持久力がなくなっているなと再確認できました。
今までと同じやり方では今までのように叩けなくなっているんだな、と。

あとはベースとギターの録音をしてからボーカル録り。
このボーカル録りではRAMONESもやっていた手法を試す予定。
そしてRAMONESのファーストアルバムの40週年記念盤を真似て
あえてモノラルで仕上げていこうと思っています。

この音源を公の場に晒すことは考えていないのですが
自分達の課題や弱点が再確認できて
今後の活動の参考になるのでは?と期待しています。

あとは、いずれ活動できなくなる事を考えると
記念に録って形にしておきたいというのもあります。

あとはレコーディングの後の
ミックスダウンとマスタリングという作業があるのですが
これを一人でやるのは初めてなので楽しみです。
THE JONGHAでも他のバンドでも一番難航した作業ですが
自分の思い通りにできるのは初めてなので
いい感じに仕上げれたら良いなと思っています。

今年の仕上げにふさわしい作業になると思います。

タイヤ交換2018/12/12

ちょっと早いのはわかってるのですが
冬物の追加は早々と見切りをつけ春物の手配をしています。
といってもシャツやコットンのニットなどインナーで即戦力の品々です。
今しばらくお待ち下さい。

さて、この季節の恒例行事タイヤ交換をしました。
もう10年乗っている愛車のゴルフヴァリアント。
タイヤを外した際に素人ながらにゴム製の部品もチェック。
やっぱり亀裂や変色など劣化が見て取れる訳ですが
性格なのか出会いが運命的だったからか
劣化具合と愛情は反比例するどころか
愛着が増す分、更に愛おしい気分で眺めていました。

不具合や違和感は無いけど
いっそ足回りの部品変えてみようかな?なんて思っていました。

メンテナンスをマメにする訳でもないし休みの度に洗車する訳でもないけど
運転の仕方は機械に無理がかかりにくいようにしてきたつもり。
ほんのちょっと気を使う程度ですけど、やらないよりはマシでしょう。

バイクも運転中にちょっと意識するだけで
変速も加速もスムーズになったりするし
機械はやったことに応えてくれる方が楽しい。

「新しい」とか「便利」とか物の売り文句は色々あるけれど
この車が今も自分の要求に完璧に応えてくれるし
シフトレバーをぼんやり照らす赤い照明や
青く光るメーターの明かりやオーディオ等
インテリアも気に入ってる部分が多いので
買い替えを考えた事すらないです。

買ってからもずっと「買ってよかったな」と思える物。
やっぱりそういう物しか欲しくないし身の回りに置きたくない。
おかげで車もバイクも楽器も部屋の中も好きな物に囲まれてます。

何代か受け継がれる事を前提に作られている物
10年20年、あるいはそれ以上使えるように設計された物
そういう物ばかりを集めて今よりも10年後20年後の方がかっこいい
そういう空間作りや物選びや生き方をしていきたいなぁ。

そういう買い物って将来を見据えての事だから
単純に値段だけで決めれないなって思ってます。

所有している物や部屋って、その人の生き様が出ますからね。
これからも真面目にモノ選びしていこうと思います。

ベンシャーマンのシャツ2018/12/19

最近インナーでマルーン色のアイテムが人気ですが
イギリスのベンシャーマンのボタンダウンシャツの入荷です。
スキンズやパンクスのド定番でUKっぽいシャツの代表格。
国内のパンクブランドもレプリカを販売しておりますが
こちらは定番のギンガムチェック柄のマルーン色。
春にも活躍すると思いますので気になる方はお早めに。

URAMONESで北京に行きます。2018/12/26

年の瀬になんだか良い一年だったなぁと思い出に浸る今日この頃
最後のグッドニュースは北京でのライブの決定でした。

聞くところによると北京は中国でもパンクやRAMONESの人気が特に高いらしく
JONGHAの北京ライブが決まったきっかけの一つに
店主がラモーンズのコピーバンドをやっているという事がありました。
JONGHAで北京に行った際にも打ち上げでURAMONESの話題が出て
RAMONESで来るのかと思った等、期待されている事は感じましたが
メンバーの都合や翌年(昨年になりますが)本家マーキー・ラモーンが来る等
ベストなタイミングは来年かな?と思って交渉した結果
驚くほどの歓迎ムードを感じるメールが届いて即決まりでした。

という事で今回は本家マーキー・ラモーンと同じ会場でのライブです。

アジア圏では台北でのライブも経験し
あの時も大勢のお客さんの前で演奏することができましたが
今回もアジア有数の大都市であり国際都市の北京での演奏ですから
国際色豊かな会場でみんなでRAMONESを合唱できたらと思います。

今の北京でライブができるという事は
意外とバンドマンや音楽ファン以外の方から興味を持たれ
正直他のメンバーも事の重大さに気付いてないのでは?と思ってます。

しかしながら目の前のチャンスに手を伸ばせる状況は
他のメンバーが色々備えていてくれたから与えられたもの。
色んな面で本当に運が良かったなと思っています。

とりあえずはライブに向けて北京とコンタクトを取り続けること
物販を含め他に準備を着々と進めていくこと
そして当日良いライブができるように練習すること。

来年は年明け早々から忙しくなりそうです。

年末年始の営業時間のお知らせ2018/12/26

年末年始の営業時間のお知らせ

12月29日・・・12時~18時迄営業
12月30日~1月2日・・・休業

1月3日・・・12時~18時迄営業
1月4日・・・12時~18時迄営業
1月5日・・・休業
1月6日・・・12時~18時迄営業

1月7日から通常営業

よろしくお願いいたします。