ピレリのタイヤ2020/04/16

いい加減ノーマルタイヤに換えないとなって思いましたが
ノーマルタイヤも寿命を迎えたようで買い替えが必要。

となると凝り性の店主は選出に時間がかかってしまう・・・。

今までピレリのチンチュラートP7を履いていましたが
今回はP6というニューモデル?を試すことにしました。

ピレリのイメージというと
中学生の頃観ていたF-1のタイヤのイメージが強く
しかもあまり良いイメージは無かったのを覚えています。
でも応援していた中嶋悟も使っていたので凄く興味深いメーカーでした。
将来ピレリのタイヤを愛用することになるとは思っていませんでしたが。

最初に買ったのはP7でしたが
その後スタッドレスタイヤに今回のP6と3種類。
気がつけば最初のコンチネンタル以降はずっとピレリです。

P6になって最初の印象は音が静かになったという事。
ここ10年ぐらいの車は静寂性が高いので
元々のタイヤのノイズは少ないかとは思いますが
それでも古いP7よりも随分静かで
新しかった頃の記憶をたどっても静かに思えます。
交換作業の際にもなんとなくゴムが柔らかいように思いました。

とはいえ素人が安いタイヤの良し悪し等わかるわけもなく(笑)
ただ新鮮な気分で愛車にのる時間を得れて良かったなという話です。

それにしても去年は車のタイヤを2セットとバイクのリアタイヤ
今年はサマータイヤを1セットとタイヤばっかり買ってる気がします。
ほんと、車っていうのは色々維持費がかかりますね。
でも何に乗っても維持費がかかるのなら本当に好きな物に乗りたいです。
税金とかガソリン代の僅かな差額で毎日の移動が楽しくなるなら安いもんです。

次はバイクのバッテリーかな・・・。
昨日の夜セルを回したらバッテリーが弱ってました。
暖かくなってきましたが、夜はまだキック一発ではかかりません。
オイルが固くなってキックレバーが重いからです。

それにしても最近バイクに乗ってる人が多いですね!
開放的だし他人と離れてるしでコロナの影響が無いからでしょう。
連帯感なのか、バイクに乗ってても挨拶される事が凄く多いですね。

ここ3週間は休みの度に家族でバーベキューや焼鳥をして過ごしています。
自作した焼鳥や串カツもかなり美味しくてびっくりしました。
釣りもコロナウイルスの影響を受けない遊びなので
1セットシーバス用のタックルでも買ってこようかと思います。
非常事態は山も海も近い福井のメリットを最大限に活かして過ごしたいですね!

コメント

トラックバック