パリ、テキサス2020/11/04

カート・コベインが好きな映画として挙げているこの映画。
断片的に印象的と言われるシーンだけを観たことはあったのですが
この自宅で勝手に映画祭の日々の中にDVDが食い込んできました。

最初から最後まで素晴らしい映像で
流れていく映像をただ観るだけでも見惚れてしまい
構図や編集など素人なりにマニアックに観ても素晴らしい。

きっと映画館で観るともっと良いのでしょう。
しかし今の我が家で観る事にも意味があるのです。

ヴィム・ヴェンダース監督つながりで
20年前に観たブエナ・ビスタも観てみようと思います。

長年ダラダラと書き綴ってきたこのブログで
視覚等五感の変化や環境や気分の変化など
加齢に伴う変化について書いてきましたが
久しぶりに観る映画は自分の変化を明確にします。

久しぶりに観てやっぱり好きなイージーライダーや
久しぶりに観たら印象がまるで変わったトレインスポッティング。
若い頃好きだった真夜中のカーボーイは共感できないシーンが増え
それゆえにやっぱり好きなシーンは今でも好きな事に安心したり。
自分がちゃんと変わっている事自体に安心したり。

水槽が大きくて水量が多いほど水質の変化は緩やかになる。
同じように今の自分が1枚のアルバムや1本の映画を観ることが
急激に今の自分の印象を左右したり価値観を変えるとは思えません。
45年生きて、社会人になって20年以上経ってますからね。
長いか短いかはわかりませんが、それなりの時間を過ごしてきました。

その良い意味で「大きな意味を持たない」であろう1本と
他者の目や時間を気にせず安心感を持ってじっくり向き合う時間が
自分にとってとても重要な時間になっています。

第三者から見れば何かが変わったように思うかもしれませんが
自分自身としては変わっていた事に気づいた1年となっております。
やってる事自体は今までとほとんど同じですからね(笑)

ピストルズのTシャツ2020/11/04

お客様からの要望で取り寄せたTシャツです。
定番のデザインですが、やっぱり良いですね。
大手が安く製造したり版権の関係で難しくなったり
バンドTシャツの取り扱いも色々面倒な事が多いです。

オフィシャルのメーカーから直接輸入するのがオススメです!
なんて服屋が書いたら終わりのように思いますが
変なメーカー製のは買って欲しくないという気持ちと
意識と価格の折り合いを考えるとそうなっちゃいます。

ポイズン・アイビー2020/11/07

女性のロッカーの中でも特に好きなのがクランプスのポイズン・アイビー。

グレッチのギターを抱える姿はステージ映え抜群で
これだけキャラが立ってるメンバーが居るとバンドとしても楽ですね。
ギターの技術の事が分からない人でも見た目には惹かれる事でしょう。

派手な動きをしなくても佇まいが華やかでかっこいい。

ジョーン・ジェットの爽やかなカッコ良さとは違う妖艶な雰囲気。
キム・ゴードンのトンガリ方やゴージャスな雰囲気ともまた別ですね。
若くてルックスの良いオルタナバンドの紅一点とも別ジャンル。

ポイズン・アイビーが所属していたクランプスは全員見た目が派手ですが
「衣装」という意味ではなく見た目が派手なバンドは良いですね。
だからといってコミックバンドに寄せていくというのは別の話。

クランプスはパンクだのガレージだのサイコビリーだの
いろんなジャンルのバンドだと説明されていますが
店主が初めて買った時にはガレージ・パンクとの認識でした。
逆に言えば、クランプスみたいなものをガレージ・パンクだと思ってました。

印象としては音色的にも楽曲的にもテンポ的にも
ポップで聴きやすいってイメージのバンドです。

ファッション的にもロカビリーっぽい要素にパンクっぽいタイトさがあったり
絶妙なバランスに刺激を受けるのでいろんな写真を見ては勉強してます。

画像貼っておこうかな?って思ったのですが
権利の事もありますので皆さんググってみてくださいね。

良い天気でしたね2020/11/12

20年ぶりぐらいに釣具を新調して釣りに行きました。
20年前は子供の頃に使っていた道具に買い足しただけですが
今回は子供でも使えるような扱いが簡単なリールと竿を買いました。

バイクで持って行けるような超コンパクトな物を、とも思ったのですが
子供の頃は憧れても地元では買えなかったアメリカのメーカーの物を買いました。
使ってみても十分な使い心地だったのでもう1セット買おうと思います。

目的は大物を釣ることではないので
薪ストーブの炎を眺めて会話するかのように
単純作業をしながらボーッとできる楽しい時間でした。

2時間ほどで3匹しか釣れませんでしたが
道具を買ってまでやって良かったなと思いました。

外へ出て太陽の光を浴びるのは心にも身体にも大切なこと。

とはいっても、相変わらず毎日のように映画を観ています。

いくつか黒人社会をテーマにした映画を観たのですが
歴史的に仕方がないとはいえ重いテーマの作品に当たりがち。
近年盛り上がっているアフリカはナイジェリアの映画も興味深いですが
やっぱり歴史的な理由からか社会問題がテーマの作品が多い様子。

その点アフリカンファッションウィーク等のファッションショーは
文化やデザインだけをシンプルに楽しめるので手軽でいいですね。
ファッションにも上辺だけ真似してイタい事になる例はありますが
重いテーマをぶつけられる事は少ないように思いますから。

アフリカのシンプルでモダンな映画を探して観てみたいですね。
ファッション同様欧米の注目も集めている今、良い物がありそうです。

あ、アフリカといえばクバ族の布はご存知ですか?
欧米のインテリアに加えられている写真もありますが
ベージュっぽい色と黒の格子模様が有名なあの布です。
昨日見た映画ではソファーの背もたれにかけられてました。
ヨーロッパは古くからアフリカと交易してたからか
インテリアにアフリカっぽい物が混じってたりするのですが
モダンでシンプルなインテリアに加えると素敵ですね。
エスニックな雰囲気に入れてしまうのはもったいない気がします。

凝ったものや大きな物は高価な価格設定になっていますが
それでもペルシャ絨毯よりはかなり手を出しやすいかと思います。
ヤフオクやメルカリでもお手頃な物が出ていますので
お部屋に合いそうな方にはオススメですよ。

コンフォートでサバイ2020/11/16

サバイってタイ語で良い意味なんですけど
鯖江に似てるしもっとタイと鯖江が仲良くなると良いですね。
小浜市がオバマ大統領にアピールしたのより現実的なのでは(笑)

今日は午前中もそこそこ気温が上がってたので
バイクに乗ってショートツーリングをしてきました。

新しく着けたコンフォートフレックスのシートなのですが
二人乗りしやすくツアラー向けのオプションだけあって
座り心地もクッションも抜群です。

流行り的には旧車っぽいバディシートの方が人気がありそうですが
70年代後半から80年代前半ぽいムードも良いものですよ。
素材が厚手の合成皮革なのも、逆にバイクのシート感があります。
ボテッとしたシートが着くと、ダックスってバイクみたいだなって思います。
乗車時のポジション的にもローダウンに高めの座面が着いて
カブっぽいポジションが新鮮だったり今の気分にピッタリで凄く良いです。
今までと同じバイクなのにスイスイ走ってるような気分ですね。

だからなのか何なのか、やたらと割り込みとか追い越しをかけられますが(笑)
昨日は軽トラが無理に横並びになって追い越しをかけてきたのですが
さすがに軽トラでは100キロ未満でハーレーは抜けないでしょう!
100キロ辺りになると強風が辛いので軽トラの方が速いと思いますが。

無理な追い越しは抜ききれないうちに対向車が迫ってきて
正面衝突を避けるために幅寄せされる心配があるので怖いです。
見られてない事と速度の過小評価される事がバイクは怖いですね。

話はそれましたが、デザインだけじゃなく
ポジションや乗り心地でシートを選ぶのも良いと思います。
別のバイクに乗ってるのか?ってぐらい変わりますからね。

なんせ今日も絶好調な44年落ちのショベルヘッドでした。