ポイズン・アイビー2020/11/07

女性のロッカーの中でも特に好きなのがクランプスのポイズン・アイビー。

グレッチのギターを抱える姿はステージ映え抜群で
これだけキャラが立ってるメンバーが居るとバンドとしても楽ですね。
ギターの技術の事が分からない人でも見た目には惹かれる事でしょう。

派手な動きをしなくても佇まいが華やかでかっこいい。

ジョーン・ジェットの爽やかなカッコ良さとは違う妖艶な雰囲気。
キム・ゴードンのトンガリ方やゴージャスな雰囲気ともまた別ですね。
若くてルックスの良いオルタナバンドの紅一点とも別ジャンル。

ポイズン・アイビーが所属していたクランプスは全員見た目が派手ですが
「衣装」という意味ではなく見た目が派手なバンドは良いですね。
だからといってコミックバンドに寄せていくというのは別の話。

クランプスはパンクだのガレージだのサイコビリーだの
いろんなジャンルのバンドだと説明されていますが
店主が初めて買った時にはガレージ・パンクとの認識でした。
逆に言えば、クランプスみたいなものをガレージ・パンクだと思ってました。

印象としては音色的にも楽曲的にもテンポ的にも
ポップで聴きやすいってイメージのバンドです。

ファッション的にもロカビリーっぽい要素にパンクっぽいタイトさがあったり
絶妙なバランスに刺激を受けるのでいろんな写真を見ては勉強してます。

画像貼っておこうかな?って思ったのですが
権利の事もありますので皆さんググってみてくださいね。

コメント

トラックバック