バケツリレーの練習で焼夷弾に備えよう!2020/12/20

暖かい時期はバイクや釣りで手っ取り早く楽しい時間を過ごせますが
冬は楽しみが減って、ここ数日は寒波で冷えこみも激しく
いよいよ年の瀬だなって感じが増しています。

昨日スタジオを利用されたお客様に
「やっぱりスタジオで大きな音を出すのは良いですね」
と言われ、なんとなく満たされない日々の気分転換になったとの事。

ライブをしないバンドの為に満足度の高い空間を
というのが当店スタジオのコンセプトの1つでしたので
ライブができないこのご時世に少しでもバンドマンの役に立てばと思います。

戦時下で捕虜に精神的苦痛を与える目的で与える課題に
水辺からバケツリレーをさせて列の終わりの者に水を捨てさせる作業があるそうです。
達成感や満足度などポジティブな結果を与えない作業は
精神的にとても辛くて、数日で大人しくなるそうです。

その作業から学び、楽しくて充実した毎日を過ごすため
達成感や満足度を感じられる行為に努力する時間を割きましょう。

ストイックになる必要は全くなくて
店主は掃除や部屋の模様替えで達成感を演出してます。
ゴールはSNSにあげるような他人を頼る行為ではなく
掃除や模様替えをした結果起こるポジティブな事をイメージします。

「片付きました」がゴールではなく
片付くことでできることや変わることを想像します。

例えば今日は食器棚の位置を変えました。
見た目の印象は勿論、テーブル周りが広くなり
今までより一層ゆったりと子供が食事できるようになりました。
不思議なことに配置換えで気分も変わり
壁に絵を飾り、ゴミ箱を新調することにしました。
棚に並んでいたウイスキーや焼酎の瓶も全て破棄して
大切にしていたショットグラスも使い道のない物になりました。

「あぁ、やってよかったな」

ただこう思える行為を積み重ねる事にしています。
早ければ1ヶ月、遅くても3ヶ月で劇的に変化するでしょう。

日々の暮らしはこの程度で満足感を得ることができますが
スタジオをご利用の方に満足してもらえる方法を考えています。

コンセントからブレーカーまでの配線には
スピーカーケーブルに使われている電線で太めの物を使用。
天井高はスティーブ・アルビニのスタジオを参考に
音の残響は新築時0.4~0.5秒ぐらいでライブ気味・・・等
他にもマニアックな事には結構凝ったスタジオなのですが
ライブの達成感の代わりになる要素はそこから生まれないと思います。

自分がライブで演者となる事で満たされる事
プロでもないのにずっとバンドを続ける事の意味。
それについては答えを出せているので自分を満たすことはできますが
他の方々がライブに求めることや楽器を続ける意味はわかりません。
その辺りを聞き取り調査してみたいなと思いますが
今年は忘年会すらできそうにない雰囲気(笑)

その辺は来年の課題にして
残り僅かな今年をのんびり楽しみたいです。

陰翳礼讃2020/12/23

晩酌をしなくなると夜も学びの時間となるので
映画や音楽は勿論、本を読むのにも良い時間となります。

谷崎潤一郎さんの「陰翳礼讃」には
陰影や光の反射や吸収の解析を通して
古い日本と中国の文化の良さが書かれています。

以前ブログで書いた無垢材と突板の光の浸透の話のような
ちょっとマニアックだけど確実に差がある話ばかりで
読みながら「そう!そう!」と本を指差したくなりました。

しかし西洋文化との比較で例えられる事が多いのですが
個人的な感想としては現代日本との比較の方がしっくりきます。

本書が書かれたのが相当昔なので仕方ないのですが。

照明の話も紙の話も陰影の話も
ヨーロッパには共通する物を見ますし
フランス人が本作を引用して説明しているので
確実にフランスには届く内容なんだと思います。

実際ヨーロッパの家にお邪魔した際には
キャンドルで明かりをとったり間接照明を使ったり
陰影や動きのある光の中で穏やかな夜を過ごしました。

現代の日本家屋ではなかなか体験できない事もありますが
洒落たセレクトショップや輸入食材のお店に行くと
量販店やスーパーとは雰囲気や物の見え方が違うと思いませんか?

まさにそれが電球の光の幅の狭さが生み出す陰影で
照射される部分以外は少し暗くなってドラマチックになる訳です。

自分で書くとマニアックに思われすぎる気がして躊躇するので
興味のある方はネットでも読めるので是非読んでみてください。

今年あと何回ブログを書くのか分かりませんが
今年は本当に学ぶことの多い1年でした。

年末年始の営業時間のお知らせ2020/12/28

●年末年始の営業時間のお知らせ●

12月29日~1月5日まで休業とさせていただきます。

よろしくお願いいたします。