NEW ORDER2019/10/30

今となっては海外の大手アパレルメーカー製に加え
世界各国で作られる海賊版も無数に存在するJOY DIVISIONのTシャツ。

店主が初めて着たのはもう20年前になりますが
アジアを放浪してた時に古着にも出会ったという思い出の一品。

JOY DIVISIONの1stアルバム「UNKNOWN PLEASURES」には非常に思い入れがあり
今まで何枚そのデザインのTシャツを買ったのか覚えていないくらいで
ここ福井でそのオフィシャルTシャツを1番売ったのが当店という自負もあります。

そんなJOY DIVISIONに強い思い入れがあった店主は
ボーカルが死去した後に残ったメンバーで継続されたバンド
NEW ORDERには全く興味がない、というか
二十歳ぐらいの時には「往生際の悪い年寄バンド」位のイメージで
それを聴くぐらいなら当時新しい音楽だった
RADIO HEADやRAGE AGAINST THE MACHINE等
若くて新しい音楽にお金を使いたいとさえ思っていました。

当時はYoutubeもなく音楽を聴く=出費という時代・・・。
現代っ子にはさっぱり理解されない拒絶反応だと思います(笑)

そして秋も深まりつつある今日の朝・・・
家族がそれぞれ学校や仕事に出かけた後
冬支度の一つ、薪ストーブの点検を兼ねて久しぶりにストーブを焚きました。

BGMに選んだのはNEW ORDERの「Get ready」。
LPしか聴けない自宅リビングで聴いているという事はつまりLPを所有してるって事・・・。
現在となってはNEW ORDERは大好物でございます。

久しぶりにストーブを焚くと独特の良い匂いが部屋に充満するのですが
その匂いの中で揺れる炎を眺めながら色々考えていました。

バンドの顔であったイアン・カーティスが亡くなっても続けるという選択をした事。
そしてJOY DIVISIONとは別バンドとして素晴らしい音楽を作り続けた事。
それが今の店主には凄く魅力的に感じられて
自分もバンド活動を頑張ろうという気持ちにしてくれます。

バンドというのは有名無名を問わず
多かれ少なかれ何かと戦いながら活動していたりするもの。
そういう生々しい人間関係や現実的な問題とも戦いつつ
ステージでは一塊になって演奏するバンドが店主は好きです。

個々が演奏者や歌手として特別な存在でなかったとしても
全員で特別な世界を作れるところがバンドの魅力の1つだと思います。

メンバーの加入・脱退を繰り返している我々のバンドTHE JONGHA。
ひょっとしたらこの2年ぐらい苦難の時期なのかもしれませんが
最近また新メンバーを加えた新編成でライブに向けて練習をしています。

目の前の戦いから逃げず目の前にあるチャンスに手を伸ばせる努力を怠らない。

それだけはしっかりやっていこうと思います。

NEW ORDERは来年来日するようですね。
チャンスが有ればライブにも行きたいと思います。

フェイクスエードのスウェットシャツ2019/10/16

書きながら自分でも変なタイトルだな、と思ってしまいました。

ストレッチが効いたフェイクスエード?ベロア?という
それっぽい専門用語が思いつかないこの素材。
生地の固有名詞もないので困ります・・・。

最近目立つ起毛素材ですが
シンプルなトップスなら合わせやすく
珍しい素材でインパクトも十分。

デニムなどのコットン素材はもちろん
ダウンジャケットやマウンテンパーカー等
ナイロン素材との相性も良さそうです。

起毛素材は持っていて損はないと思いますよ。
価格は¥12500(+税)です。

40年前のバイクで20年前へ2019/10/10

1年前からの約束を果たすべく
20年ぶりにバイクで金沢に行ってきました。
1942年式のハーレーを買った友人と一緒に
金沢に住んでいた頃の思い出の場所に行きました。

向かい風がかなり強く辛い思いをしながら待ち合わせ場所へ。

予定していたよりも時間がかかってしまいましたが
事前にクラッチの分解洗浄をしたこともあって
快晴の空のもと愛車は快調に走ってくれました。

昼食をどこで食べようかと話し合った結果
思い出の味を求めて母校のそばの食堂へ行く事にしました。

外観や内装は多少変わったのだろうけど
懐かしい気分に浸るには十分な雰囲気の中
20年来の友人と同じ物を注文してお腹を満たしました。

お店の方から時間の流れと時代の移ろいを感じる話を聞いて
寂しさや感動や共感の入り混じった複雑な感情を抱えながら店を出て
思い出話をしながら母校の周りをしばらく散歩しました。

今も乗り続けている愛車を買う為に始めた土木作業のバイト。
そのバイト中に長靴を履いて入った小さな川はそのまま。
そのバイトで作った橋のコンクリートの基礎や護岸はそのまま。
毎日のように集合した友人の暮らしていたアパートの駐車場も
その隣にある小さな喫茶店だかスナックもそのままでした。

再びそれぞれの愛車のエンジンをキックで始動して
所々見覚えはあるけど随分変わってしまった道路を友人に先導され
どうしても行きたかった内灘の砂浜へ向かいました。

映画「トレインスポッティング2」の中にあった
以前と変わらない景色に過去の自分や友人が見えるシーン。
砂浜を眺めていると、まるでそのシーンのように
20年前の自分や仲間が砂浜を歩く姿が見えるかのような
本当に一瞬ハッと我にかえる瞬間がありました。

バイクの傍らに座る友人に
「そんなに思い出深い場所なんけ?」
と声をかけられたのですが
完全に気持ちが顔に出ていたのでしょう(笑)

日が暮れる頃に宿泊先のホテルにバイクを置いて
もう一人の友人と片町で待ち合わせて3人で酒盛りをしました。
もう一人の友人も当時のバイク仲間で今もハーレー乗り。
いろんな話をしながら1軒目、2軒目、3軒目・・・4・・・
途中から2人に戻って更に数軒ハシゴして
まだちょっと飲み足りなさそうな友人とタクシーを拾い
ホテルで途中下車して友人と別れました。

夜の街で変わらないことの大切さと変わることの大切さを実感して
友人にもらった自分にとって最大の応援の言葉を噛み締めながら
ホテルで一人缶ビールを飲みながら寝支度をしました。

早朝にホテルを発ち
まだ空気が冷たく車が少ない街中を離れ
今日も乾いた排気音を響かせながら8号線を走る愛車と自分が
仕事前の買い物に寄ったであろう作業車の停まるコンビニの前や
少しずつ増えていく通勤の車列の脇を通り抜けて
徐々に日常の中の見慣れた景色の中に戻っていきます。

そしてそのままマラソン大会が予定されている小学校へ・・・。

30年前に自分が通っていた時のままの校舎と校庭には
スタートを待つ娘とテントの下で応援する娘の姿が。
しかしその景色の中に小学生の頃の自分と友人は見えません。

内灘の砂浜に友人達とバイクで行っていたあの時
自分は青春という言葉で表現される特別な時間を過ごしていたのかな。

気まぐれに会いに行っても温かく迎えてくれる各地の友人達や
わざわざ当店目当てに遠方から来てくれる友人達。
みんな優しいね。本当にありがとうございます。

これからも末永くよろしくお願いします。

まもなく13周年2019/09/12

明日で当店は13周年目を迎えます。
大体毎年書いてるので内容が被りそうだし
何を書いていいのやらとは思いますが

13年間の店主の暮らしは全てお店の存在があったからこそ。
いろんな出来事がありましたが、その全てを支えてくださったのは
今まで一度でも当店に足を運んでくださったお客様。

丁度最近久しぶりにご来店になるお客様が何人か居られたのですが
しばらくご無沙汰のお客様も冷やかしついでにご来店いただきたく思います。

この13年間は店主が経験した中でも特に激変の時代といいますか
ネットとスマホとSNSの普及で世の中の仕組みが大きく変わりました。
お店をやり難くなった事と、やり易くなった事とありますが
どちらかといえばやり易くなった事の方が多いと思います。
今までの小売の商売の仕方では通用しない事も増えましたが
個人のやる気でどうにでもなる事が圧倒的に増えました。

それはバンド等他の事にも言える事で
アイディアとか何かを自分で考えて創る力のある人は
13年前より圧倒的にやり易くなっていると思います。

この小さなお店なりにいろんな事があった13年でしたが
もうすぐ始まる消費税の増税!これは本当に強敵です!
とはいえ前回の増税時に学んだからか何なのか
前回ほどネガティブな予兆は感じられませんね。

スタジオの料金表の作り直しが面倒なぐらいですか・・・。

という事で、とりあえずはまた1年続ける事を目標にやっていきます。
これからも店主もお店もバンドもよろしくお願いいたします。

毎年この時期になると・・・2019/08/11

時期的なもので、今年もNHKでは戦争をテーマにした番組が沢山。
兵器の話や戦争体験者の話は今でも興味深く思っていますが
子供を授かったからか年を取ったからか他に理由があるのか
昔は知識を増やす為にドライに触れていた情報も
今は只々悲しい話にしか思えなくて
観ていて辛くなる事があります。

東北の大震災の後テレビを全く観なくなったのと同じ気分かな。

それでも昨日観た原爆をテーマにした映画のドキュメンタリーや
その後に続いて始まった障害者目線の戦争を語る番組は
自分にとっては新しい刺激になる物でとても興味深かったです。

戦争といえば、Facebookで繋がっている日本映画マニアのアメリカ人と
日本で制作された戦争映画についてやり取りをしたことがあります。

彼らにとっては過去に敵だった日本軍を題材にした映画で
もちろん映画の中の敵役は米軍という設定。

なぜそれを良い映画だと評価できるのか?と単純な疑問を持ちましたが
返ってきた答えを一言で言えば「良い戦争映画だから」でした。

表現の手段として戦争をテーマにしているとの評価で
政治的な思想や歴史的背景をそこに求めているのではないと。

昨日観たテレビ番組では
被爆体験を題材にした当時反米的と問題になった日本映画を
アメリカの会社が出資してデジタル化したと言っていました。
映画の評価も高く、純粋に映画界の財産として残すという行動は
国や思想や歴史を超えた価値観と世界観を持った人々の
新しい関わり合いを期待させるものでした。

第二外国語まで話せる人が増えた若い世代や
それを当たり前だと思って育つ店主の子供世代。

彼らは新しい常識でいろんな事を当たり前にクリアしていくんだろうな。
古い世代として自分はこれからどうやって生きていこうかな。

障害者目線で語る戦争の番組では
「戦時中は戦争の役に立たない者が弾圧を受けたが
今は経済活動の中で生産性を持たない者を排除しようとしてないか?」
「私達は国や他人の助けがなければ生きていけないのは事実」
というような言葉がとても印象的でした。

そして中国の鄧小平の「先に豊かになれる者から豊かになれ。
そして落伍した者を助けよ」という言葉を思い出しました。

なんだか自分の手に負えないスケールの事を考え始め
焼酎の効いてきた頭では答えが出せるわけもなく
仕方がないので今日は深夜にバイクで夜風に当たり
答えを探す厳しい修行に出かけようと思っています。

毎日晩酌したり毎日深夜にバイクで出かけるという堕落した生活ではなく
世のお父さん達がより立派に見える為に身を挺して悪役を買って出る
そしてストイックに自分に課している修行としての行為ですので
他人に厳しい現代日本の監視社会にどう映るかは判断しかねますが
何卒ご理解とご容赦のほど、よろしくお願いいたします。