千里の道も一歩から2017/12/09

ギターを買ってしばらく経ちましたが
ドラムではまず間違えないであろうRAMONESの曲も
ギターでやると1曲通して演奏するのもままならず
痛い指先と手首の様子を見ながらできるだけ毎日弾いています。
でもやっぱり新しい事をするのは楽しいです。

新しい事を始めることもあれば、過去の自分の恩恵を受けることもあり。

ここ最近はさすがに冬らしい天気の日も増えてきて
自宅では薪ストーブの出番がやってきました。

今年使う予定の薪は2年前にせっせと割った薪。
今年から幼稚園に通うようになった次女の子守をしつつ
危険のないように用心深くも効率の悪い作業を強いられた時の産物。

しっかり乾いて雨に当たることもなく綺麗に仕上がった薪を
2年前の自分に感謝しながらストーブ脇まで運んでいます。

今年は年明けから帯状疱疹の後遺症の神経痛や
ドラムの影響と思われるヘルニアっぽい症状が出てきて
先々月まで片足を引きずって歩きたくなるような足腰の痛みがあったので
来年と再来年に向けて用意しなければいけない薪を割れませんでした。
という事はシーズン通して薪を買う必要があるという事で
来年再来年は懐が痛むという痛み続きの数年(笑)

こんな程度の事は自然災害や火災の被害に比べればどうって事ないですが
例年だと、もうワンシーズン分の薪棚が用意されているので
やっぱり寂しいというか、今年の自分にご苦労様とも言いたくなります。

日本の文化で言う後厄という1年があと3週間程で終わるのですが
最近は何故か特に晴れた日の夕暮れ時に年の終わりを感じます。

迷信的な出来事というより体質が変わる時期なんだろうなと理解しているので
今年が終わったからといって急激に好転するとは思えないですが
それでも最近は多少の痛みはあっても普通に歩けるので
何か希望を感じる瞬間も多くなり、ギターを買ったのもその影響が少しあります。

病気の話なんてジジ臭い事をうっかり話してしまったり
こうしてブログにも書いてしまったりでみっともないとは思うのですが
とにかく過去の自分を褒めてやりたいというか、感謝だなぁと。

今の一歩も未来の自分や家族のための一歩なのかもしれないな、と。

感謝感謝うるさいおっさんになんてなるものか、とも思っていたのですが
なんとなく年末らしい文章だなぁと思って消さずにアップします。

ギター始めました2017/11/25

定食屋の鍋とか冷やし中華ではないですが
個人的にギターを始めました。

THE JONGHAには無事新ギターが加入しましたし
それとこれは全く関係ないのですが
50歳の自分を想像した時に、
今のままでは確実に今の劣化版になるだけだし
体力が確実に落ちるであろう8年後までにギターと英語を覚えようかと。

ギターは全く弾けないどころかチューニングすらした事ないし
元々ヒップホップからパンクに趣味が移行した店主としては
憧れのギターリストもギターもないのでギター選びも大変!

結局無意味にギターやギターリストの写真を見まくって
なんとなくこの形と色が好きだなと思って選んだのが
フェンダー社のジャズマスターというギターでした。

好きになってから調べたら、
ソニックユースとかテレビジョンのメンバーが使用してるそうで
その辺のバンドが使っているのは個人的に嬉しいかな、と。
自分が出したい音っていうのとは全く関係ないですが(笑)

とりあえず不慣れで扱い方が分からないギターと
一生できないんじゃないか?としか思えない無数のコードと
ジャーンではなくペロッペロッっとしか鳴らないギターと格闘してます。

英語の方も上達する自信は全く無いのですが
中国や台湾は勿論、その他アジアや欧米に行っても
とりあえず英語を話せる人が多いので、ちょっと必要に迫られてという感じ。
仕事では文章なので時間をかければ作文も解読もできるのですが
英会話というとすぐに反応できないとダメですからね。

それにしても今はネットで何の情報でも簡単に手に入るので
英語もギターもやる気次第でいくらでも学べそうです。
語学力があれば欧米先進国の情報も得れますしね。

新しい事を知るきっかけが新しい事を始めることだったりするので
やっぱりいつも何かに興味を持って行動する意欲を持ちたいです。
今の自分のまま年だけとるのはやっぱり嫌ですし・・・。

立派な事を言っている風ですが
これが全て遊びに関しての話だから自己啓発にならないんですね~。

思い出の映画2017/11/06

トレインスポッティングと並んで
若い頃に観て影響を受けた映画「Buffalo66」。
久々に観たいなと思ってDVDを買いました。

何の偶然か、今年のリンダ・ラモーン(ジョニー・ラモーンの奥さん)主催の
ジョニー・ラモーン追悼イベントに、この映画の監督がゲスト出演。
映画も上映されたようで妙なご縁を感じます。

この映画自体は公開当時に映画館で観たのですが
上映を待ってフードコートに1人で座っていたら
仲の良い友人が偶然1人で観に来ていて
上映前にしばらく会話をするも
何故かお互い離れた席で別々に観たのが思い出深いです。

久しぶりに見るとやはり印象がかなり違って
当時の自分より今の自分にフィットする感じがしました。

スペシャルな登場人物の出てこない素朴なハッピーエンド。
その印象は変わらないのだけど、ワンシーンワンシーンが心にしみたり
古いトヨタのトレノが妙にかっこよく見えたりしました。

でも薄暗い部屋で鮮やかな赤いライトや衣装が光るシーンでは
赤だけモザイクのように四角い粒が見えて
DVDだとかブルーレイだとかの仕様の問題なのかもしれないけど
昔の職場で特撮マニアの上司が「フィルムで撮らないと赤が出ないんです!」
なんて話していた事を思い出して懐かしい気分にもなりました。

何度も観たくなる映画はやっぱり手元に置いておきたくて
せっかくなので他に観たい映画も何本か買っておこうかなと思いました。

ちょっとした空いた時間に自分の欲求を完璧に満たせる部屋。
匂いや光や道具や食器やコーヒーや酒と音楽。
こだわるというより常に自分のベストチョイスをする。
毎日がそれの繰り返しだと、10年後か20年後には楽しい部屋になるだろうな、と。

名古屋に行ってきました2017/11/01

RAMONESの後期ベーシストだったCJラモーンが来日しました。
東京・名古屋・大阪・福岡と各地でライブをするので
東京でお世話になっている方々をはじめ
全国のRAMONESファンのSNSがCJネタで賑やかです。

福岡では前夜祭まで開かれるらしく羨ましいかぎり。
流石に福岡まで行くとなると費用も結構かかるので行けません。
貯まっているマイレージを使えば金銭的負担は減りますが
できれば家族旅行に回したいなという思いもあり・・・。

今回は名古屋でのライブに我がURAMONESのメンバーと参加。
早めに到着して町中を散策して楽しい時間を過ごしました。
特に初大須だったメンバーはかなり大須が気に入った様子。
徒歩で色の違う栄と大須を行き来できるのも名古屋の魅力ですね。

肝心のライブはと言いますと・・・
ハロウィンという事もあってライブ時のトミーのコスプレで行ったのですが
会場内のRAMONESファンに完璧なスタイルだと褒めていただき
自分のバンドの宣伝をしようと思ったその矢先にライブスタート!
穏やかに談笑していた数人が店主含めて慌ててフロアへ。
時折CJオリジナル曲を演奏していましたが
基本的にはRAMONESの曲が次から次へと流れ続ける。
東京のRAMONESのイベントと同じくステージを見上げる皆が笑顔。
ライブは最高だし酒は美味いしで酒が進む進む!

気がつけばガランとした会場にまばらな人・・・。

本当にあっという間の出来事で夢でも見てたみたい・・・。

ライブの後は何度か足を運んだことのあるお店に行ったのですが
周辺の人に聞いても店を畳んだんじゃないか?という話。
ちょっとした思い出もあっただけに本当に残念。

確実に時間は過ぎて、街も人も変化していくんだなぁ。

CJも最後に見たRAMONESのラストツアーの時とは随分変わったけど
ライブ中のあの最高の気分と時間は全く変わらない
というか、店主が年を取った分21年前より最高と思えたかも。

自分にとっていつまでも色褪せない最高な物を大切に守りたいし
そういう物に囲まれて楽しい日々が送れるって幸せです。
これからも1つでも多くそういうものを手に入れていきたいです。

仁義ある飲み会2017/10/15

中学時代の友人達と飲みに行きました。
と言っても、卒業以来会ってなかったりするので
言ってみれば初めて飲んだと言うことになります。

この日はその中のある人物に
どうしても言っておきたい事があって参加しました。

アルコールで簡単に記憶が飛んだりするくせに
昔の事がずっと忘れられない不思議な特性を持つ店主は
過去の出来事がずっと引っかかって辛くなるという面倒な性格で
今回はそのある友人にずっと気になっていた事を話そうと思ったのです。

丁度話題が「言っておきたい事」に近付いたので
あの時の出来事と、いまだにそれが忘れられない事と、
今になって理解できるようになった事とを話しました。

そしてもっと友人として大事にすれば良かった、と。

最初「お前ずっとそんな事思ってたの?」と驚かれましたが
当時は聞けなかった友人の気持ちを細かく聞くことができました。
そして実は当時、数少ない同志の1人だったという事も分かり
彼の表情や言葉が後悔の気持ちをどんどん溶かしていきました。

過去の精算を済ませたような穏やかな気分で帰路につき
ちゃんと「会わせる顔」があって良かったなと思いました。
そうでなければ、きっと後悔の念を抱き続ける事になっただろうから。

失敗や間違いで誰かに迷惑をかける事はあるだろうけど
「会わせる顔」を失うような不義理な行動だけはしてはいけないなと思います。
他人の為にも自分の為にも。