ストレイト・アウタ・コンプトン2020/10/29

デビッド・リンチ監督の作品や「レインマン」等
古き良きアメリカって感じの要素が多い映画を観てきましたが
一転して昨日はLAのヒップホップを題材にした映画を観ました。

コンプトンと書かれたキャップやレイダースのスタジャン等
高校生の頃に着ていた服が沢山出てきて懐かしくなるやら
着なくても捨てなきゃよかったなぁと後悔するやら。

コンプトンのキャップをどこで買ったかは覚えていませんが
ボビー・ブラウンのコンサートで外国人に指摘されたのは覚えています。
今にして思えば英語のテストの成績は最悪だったのに
「LAのメッチャヤバい地域のラッパーが被ってるキャップやで!」って
言ってる意味がちゃんと分かったのが何故だかよくわかりません。

映画はNWAという超有名な伝説的ヒップホップグループの話ですが
中高生の時はLAよりニューヨークの方がかっこいいと思っていたので
ウータンクランは知っていてもNWAは全く知らなくて
アイスキューブが所属していた事すら知りませんでした。
その頃の若い頃特有の変なこだわりがあって
20歳位まではスケーターもメロコアも
なんだか西海岸のイメージが強くて苦手でした(笑)

NWAについて詳しく知ることができる点ではオススメですが
ギャングっぽいやり取りや悪行を見ている時の気分は良いものではなく
「時計じかけのオレンジ」を観た時の気分と同じように感じました。
そしてドクター・ドレの落ち着いた振る舞いや判断の方が共感できたり
シングルマザーのタフさの理由の方が理解できましたね。

悪意のない暴力をユーモアや理想と捉える程若くはないので(笑)
逆に言えば、ちゃんと年が取れてる自分に安心しますね。

意図的に古い映画や避けてきた映画を観てみたり
若い頃に観た映画をもう一度見て今の自分を確認したり
アートと呼ばれる物は大人になるほどより必要だと思いますね。
エドワード・ホッパーという画家を凄く好きになってから
映画の構図や配色が凄く気になるようになりました。
そういう点で「レインマン」はめちゃくちゃ絵画的で素晴らしい。

せっかくの秋ですから、アートに触れることをオススメします。
最初は何も調べずひたすら数を見ていくだけでいいのです。
スマホを弄りながらでもネット配信でも画像検索で見るだけでも。
その中で1つか2つ好きな物が出てきたらググりましょう。
海外の古くて一流の本物の作品がオススメです!

情熱の薔薇2020/10/28

先日中古の花台を買いました。
塗装も漆ではなく恐らくラッカー塗装かな?って感じで
ちょっと赤みが強い茶色に最後まで購入をためらう雰囲気でした。
購入後も蔵戸の前のちょっとしたスペースに置いてみても
やっぱり蔵戸やレンガの壁よりも赤くて浮いてしまう・・・。
脚の造形は少し凝った感じがありますが細工は簡素で高級感はなく
木目も一部ケヤキっぽいですが他は特に風合いの良い木目でもなく。
ただ、サイズはしっかり確認して買ったので完璧です。

何を置こうかな?と手持ちの花瓶や壺を置いてみたのですが
今まで置き場所を選ぶため扱いにくいなと思っていた花柄の花瓶を置くと
突然化学反応を起こしたように両者がぐっと華やかになりました。
花台の簡素な細工が花瓶の派手さと良いバランスを保ち
花台は脇役なんだという意思があるように感じる程でした。

安い物ではないのかもしれませんが
花瓶は中古市場で高値がつくほどの物ではなさそう。
それでも存在感が増してグッと雰囲気が良くなりました。

新しい家具を迎える際には
目が慣れるまでしばらく放置することが多いです。
違和感がなくなり、ふさわしい場所がイメージできたら設置。
今のところこのやり方で1つ1つ配置していって失敗は無いです。
インテリアで参考にするものはありません。

間接照明や電球色の暗めの照明が多い部屋に暮らしていますが
太陽の光が差し込む空間の陰影が1番ドラマチックですね。
一日に何度も表情を変えますしね。

そして最近気になる茶色を含む赤系の色の物にやっぱり見惚れます。
何故かな?と思ったのですが、やっぱり赤の濃淡に惹かれるのです。

赤色の光の波長の長さとかエネルギーの弱さのせいなのか
その逆の強い光を吸収することで出てくる風合いなのか
車の塗装の赤は厚塗すると黒みを帯びるというあの話と同じなのか
専門的な事はわからないのですが、赤の濃淡に見惚れてます・・・。
逆に言えば、せっかく赤いのに濃淡のない物はもったいないですね。

庭に紅葉する植物も植えたいし赤い実がなる木も植えたいし
結局そういうのって曽祖父が残した庭にある物だったりします。
同じ道に向かってしまうのはやっぱり老化現象なのかな?

タイトルは頭にブルーハーツの曲名が浮かんだだけで特に意味はありません。
でもお店のオープンの時に赤い薔薇の花束もらった事があるんですよ。
赤い薔薇のイメージがあるって言われて照れ臭かったのを覚えてます。

もし赤いオススメの物があったら教えて下さいね。

テーラードジャケット2020/10/23

大人になると時々必要に迫られるのがジャケット。

しかし特別流行るような事がないかぎり
ファストファッションが主軸でデフレ続きの日本では
コストがかかってサイズ感が肝の服は作らないのでは?と思います。
習慣としても今はジャケットを着る機会はあまり無いですしね。
そういう意味ではオーバーサイズの服は売る側は扱いやすいと思います。

ジャケットを作っているメーカーはしっかり利益を乗せないと回収できないでしょう。
裏地が安っぽいとか内ポケットが無いとか単に価格が高めとか。
流行らせる側にも売る側にも都合がいい物があります。

さて、今回イギリスから届いたのは
フォーマル過ぎない黒のテーラードジャケットで
バーガンディの裏地がロックっぽい一着。
内ポケットは左右2つでイギリス物としては少ないですが
着た時の裏地の滑りやパイピングなどの作りを見ても
本当にコスパ良すぎで驚いてしまいます。

ポケットやベント(スリット)にはしつけ糸がついてるんですが
日本のメーカーでこの価格でやってるとこは無いです。
着る前に外す手間はかかりますが、
こういう所に良い物感が出て
所有欲を満たしてもらえます。
肩に合ったハンガーも付いてきますしね。

本当の意味でのコスパが良いジャケットです。

ヒョウ柄のニット2020/10/19

イギリスから届いたヒョウ柄のニットです。
2色使いでまとめてあるので
ヒョウ柄とはいえ落ち着いた雰囲気です。
モノトーンでまとめた着こなしにプラスすると良さそうですね。

アメリカンなマグカップ2020/10/18

映画マルホランドドライブに出てくるマグカップを買いました。

アメリカンダイナーらしいマグカップなので
Tuxton社かWorld Tableware社の物だと予測。
せっかくなので映画公開当時の古い方が良いなと思い
マイアミのビンテージショップにオーダーしました。

丁寧に梱包されていたのに2つのうち1つは破損。
まぁ、割れ物ですから仕方ないですね。
陶器の輸入は難しいです。

伝票に手書きでメッセージが書いてあったり
カップについた微かな匂いにアメリカを感じつつ
洗って明朝のコーヒータイムに備えました。

さて、昨日は8ヶ月ぶりにURAMONESの練習をしました。
ドラムを始めてから8ヶ月もドラムに全く触らないなんて事は一度もなく
叩くのに違和感があるどころか、ちょっと怖いとさえ思うほどでした。
予想以上に体力や筋力が落ちていて1曲通しの8ビートが辛い!
ずっと続けたかったらブランクは絶対避けるべきですね。
当分は10曲以上ぶっ通しのライブなんてできないでしょう。

しかし新しくチャレンジする事は決めてあったので
叩き方や意識など、今後の演奏の為の練習になりました。
そしてやっぱりバンドの楽しさを再確認できる時間にもなり
それでいて今後の活動はマトを絞って更に最適化して
本当に観に行って良かったと思えるライブを目指そうとも思いました。
動画のアイディアもあるので、それもやろうかな・・・。

とりあえずは自分達のためにもう一度新しい気持ちで挑みたいです。

各メンバーもウイルス騒ぎの中で色々な事を思い
一旦リセットしてリフレッシュできたのでは?と思いました。